キャノンデール自転車の売却査定金額を高くしてもらうには?

キャノンデール自転車は1971年に誕生したアメリカを本拠とする自転車メーカーから作られた自転車です。長年ファンが多い自転車メーカーの一つです。

また、フレームについては当時先進的な素材を使用したりなどでフレームで有名な自転車メーカーといえばキャノンデールと言われるくらいでした。

 

キャノンデール自転車の歴史

キャノンデールは卸売業者を介さない販売方法を創業初期から採用していて、キャノンデールの販売スタッフが直接販売店へ出向いて、売るだけではなく、キャノンデール自転車の様々なメンテナンスの講習や販売のサポートを行なうという最近では比較的とられる形の経営方針ですが、それにより顧客との関係を深く強める事に成功しています。

また、キャノンデール現在でも細かな配慮をした販売管理を行っています。それにより、限られた高い技術を持つプロショップにのみ販売し、顧客との関係性を大切にし続けている自転車メーカーです。

 

アルミフレーム技術が有名

1983年に、「アルミフレームと言えばキャノンデール」と呼ばれるフレームに対する、新たな方針を打ち出す。当時クロモリとよばれる鉄のフレームが主流であったのですが、大径アルミチューブを採用した初の市販モデルをキャノンデールは発売しアルミフレームとしての地位を築きます。

また、独自の技術などにより、アルミフレーム自転車の価格が他のメーカーのに比べ安く販売できていたという事も相まって大ヒット商品を生み出す事となります。

そして、アルミフレームのマウンテンバイクをその翌年にも発表します。他社も追従しアルミモデルを多数商品化したが、このキャノンデールのアルミモデルほどヒットはせしませんでした。

その後も、キャノンデールは次々にアルミフレームのモデルにおける革新的な技術を投入し開発を続ける事で、「アルミフレーム=キャノンデール」という見られ方にまで成長しました。

 

キャノンデールのマウンテンバイクの特徴と言えばアルミ

高性能な軽量アルミフレーム

繰り返しにはなりますが、独自のアルミ技術がキャノンデール。

アルミフレームで、キャノンデールは、高性能、高品質のアルミフレームで高い技術を持っています。

こういったキャノンデールの自転車を高く買い取ってもらう為にも、アルミのメンテナンス、白錆などをキレイにしておくなどを行うことで、高い査定金額を引き出すことができます。

 

キャノンデール自転車を買取査定にする為には購入者の立場にたって考える

これはキャノンデール自転車だけではく、いろんな物を買取をしてもらう為には当たり前だと思いますが、売る立場に立った途端に、手を抜くという事を考える人が居ますが、それは間違いです。

キャノンデール自転車の場合でも、自転車専用のクリーナーなどは、ホームセンターでもそんなに高くない金額で販売されていますので、掃除用のアイテムを使って、キャノンデール自転車に付着している油汚れや、泥汚れ、水垢を落としてあげましょう。また、ワックスをかける事でも輝きが大きく変わります。

ぱっと見た感じ目立たない所や、下面からみた汚れなどもキレイに掃除をしてあげましょう。チェーンについている油がホコリで黒く汚れていたりするなども、一度、捨て布などで拭き取ってキレイにしてあげる事も重要です。

そうすると、そのチェーンやギアの周りの汚れも気づくことができますので、その油ホコリ汚れもキレイにしてあげるだけで、キャノンデール自転車は見違えるようにキレイになります。

 

購入時にもっていた付属品、説明書、保証書はしっかりと揃えておく

キャノンデール自転車を購入した時についていた、説明書や、保証書などは、(仮に保証期間が切れていたとしても)添えて査定をしてもらうようにしましょう。
その付属品の有無でも査定金額が大きく変わる場合も少なくありません。

また、購入者からすると、中古品を購入するということになるわけですから、できる限りキレイであって欲しいと思うのが、購入者側の気持ちであるはずです。

であれば、汚れ、傷、といった事は、過剰にならない範囲でキレイにしてあげるようにしておきましょう。

キャノンデールの自転車の高価買取についても、しっかりと情報を公表しているサイトで査定してもらうことをおすすめします。

例えばこちらの電動自転車 高価買取 吹田市 のサイトですが、ブログ記事で、キャノンデールだけに限らずいろんな自転車についての情報を公開されていたりします。

 

興味がある方はぜひご覧いただいて、自転車の査定なども依頼されてみてもいいと思います。